【高圧改修工事が無事終わりました】

連休の間に、某施設の高圧設備の機器交換を行いました。

今回は更新推奨年になる、高圧交流負荷開閉器と、コンデンサの入替えを行いました。

 

各機器ごとに、定められた機器の耐用年数が異なりますので、

正しく管理することが大切です。

そして、更新時期が同じ機器はまとめて交換し、効率良く進めていくことができます。

継続して管理することで、

①数年後まで予算計画を立てることができる。

②故障や事故の発生を未然に防ぐことができるので、安心かつ結果的にとても経済的。

と言えます。

耐用年数に加え、優先的に変えたほうがいい機器等もありますので、

どこから交換したらよいかわからない等ありましたら、

お気軽にご相談ください(^^)