ボタン

工事メニュー

消防・防犯工事

消火器設置工事、非常放送設備工事、非常警報設備工事、各種センサー設置工事、
屋内外消火栓設備、防排煙設備工事、誘導灯設備工事、避難器具設置工事、自動火災報知設備工事、防犯システム設置工事(一般住宅・ビル・マンション・駐車場・工場などの屋内外カメラ・モニター・センサー設置等)その他これに付随する工事。 各種機器・総合点検等も対応しています。
また廃消火器リサイクルも対応しています。

廃消火器処分にお困りの方!

当社は、廃消火器リサイクル受付の特定窓口認定店です。(ID:277594481000)

消火器の販売代理店のうち、一般社団法人日本消火器工業会が廃消火器の収集運搬/保管を委託した事業者で、排出者からの廃消火器を廃棄物として引き取ることができる窓口です。
  • ◆ リサイクルシステムの流れ(http://www.ferpc.jp/recycle/flow)
  • ◆ リサイクルシールが必要です。
  • ◆ リサイクルシール代以外に運搬費用・保管費用が必要です。

ご存知ですか?

消火器の「耐用年数」は、業務用10年、住宅用5年です。
製造年をチェックしてみてください。 「傷んだ消火器」や、「耐用年数が過ぎた消火器」は、直ちにリサイクル処分する必要があります。

※費用は、持込みOR引き取り、また回収する際の距離や諸条件によっても異なりますので、詳細は当社までお気軽にお問い合せください。

消防点検をしっかり実施していますか?

防火対象物の関係者は、消防法に基づき設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告することが義務付けられています。

建物には、消火器や自動火災報知設備等の消防用設備等が設置されていますが、これらは平常時に使用することがないため、いざという時に確実に作動し機能を発揮するかどうかを、日頃から確認しておくことが重要です。
このため、消防法では、消防用設備等の定期的な点検と消防機関への報告を義務付けています。
当社では建物規模・使用用途を確認の上、お客様に必要な点検・保守業務内容を正確に把握・ご提案致します。また消防署への各種届出の作成も致します。

防犯設備の故障が多い方・設備強化を考えている方

凄惨な事件も多い昨今、防犯対策をより強固にしたいと希望される企業や、個人宅も増えてきています。
しかし、設置場所が屋外の場合、24時間監視モードで使用するため、定期的なメンテナンスを行わない場合、どうしても故障頻度が高くなります。(カメラ付きインターホン、ネットワーク監視カメラ等)
そのため、当社では設置だけではなく、定期メンテナンス等保守点検まで引き続き行うことにより、有事に備えます。
設置目的や、設置場所により、機種選択も様々な組み合わせがあります。
人が通ったときのみ点灯する人感センサーライトもおすすめです。
暗くなったら自動的に、点灯するようにも設定できるので、省エネ対策はもちろん、不審者への威嚇、防犯対策にもなるからです。
こういったものと併せて、お客様ごとにあったタイプをご提案させて頂きます。

新築時や増築・改築時における必要な消防設備工事をご希望の方

設置場所が屋外の場合、24時間監視モードで使用するため、定期的なメンテナンスを行わない場合、どうしても故障頻度が高くなります。(カメラ付きインターホン、ネットワーク監視カメラ等)
そのため、当社では設置だけではなく、定期メンテナンス等保守点検まで引き続き行うことにより、有事に備えます。
設置目的や、設置場所により、機種選択も様々な組み合わせがあります。
お客様ごとにあったタイプをご提案させて頂きます。